スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<自民>参院比例、目玉候補が見当たらず 世代交代は進む(毎日新聞)

 今夏の参院選に向けた自民党の比例代表候補者選びは、有力支持団体の離反が進み、集票力のある目玉候補が見当たらない「小粒化」の傾向が表れてきた。「70歳定年制」を巡る混乱は続いているが、それなりに世代交代も進みつつある。「業界団体頼みから脱却するチャンス」(党幹部)を生かせるか、手探りの選挙準備が続く。

 これまでに公認した比例候補は現職7人、元職2人、新人10人の計19人。平均年齢は52.5歳で、07年参院選の54.8歳からやや若返っている。新人に限ると46.7歳で、団体幹部や官僚OBを擁立してきた従来と比べ、若手の登用が目立つ。

 建設業界や日本遺族会など有力な支持団体を持つ候補は7人。新人は日本看護連盟が推す高階恵美子氏だけだ。日本歯科医師連盟は自民党からの候補者擁立を断念し、全国土地改良政治連盟の候補は公認後に辞退した。【木下訓明】

 ◇自民党の参院選比例代表候補◇

<有力支持団体あり>

脇  雅史(64)現(2)=全国建設業協会など

中村 博彦(66)現(1)=元全国老人福祉施設協議会長

西島 英利(61)現(1)=日本医師連盟

水落 敏栄(66)現(1)=日本遺族政治連盟

山谷えり子(59)現(1)=神道政治連盟など

藤井 基之(62)元(1)=日本薬剤師連盟

高階恵美子(46)新 =日本看護連盟

<有力支持団体なし>

秋元  司(38)現(1)=元防衛政務官

神取  忍(45)現(1)=プロレスラー

赤石 清美(61)新 =日本衛生検査所協会顧問

阿達 雅志(50)新 =米国州弁護士

臼井 正人(46)新 =千葉県議

宇都 隆史(35)新 =元航空自衛官

大西 宏幸(42)新 =大阪市議

柴野多伊三(58)新 =国際問題アナリスト

角田 宏子(42)新 =元横浜市議

三橋 貴明(40)新 =作家

門傳 英慈(47)新 =元全国農協青年組織協議会長

<定年制の例外>

保坂 三蔵(70)元(2)=元副経済産業相

敬称略。丸数字は当選回数。=以下は主な支持団体や肩書

【関連ニュース】
日医会長選:分裂 「民主派」茨城会長 現職と一騎打ちに
鳩山首相:実母からの資金提供、法に照らし対応
日本医師会:会長選で分裂 「民主派」茨城会長、現職と一騎打ちに
日本が変わる:業界と団体/6 「時代遅れ」の日本医師会

自宅から女性用靴下300足=逮捕の男「興味あった」-奈良県警(時事通信)
覚せい剤2・5キロ、MDMA2000錠も(読売新聞)
“エロ面白い”女子にウケる「昭和のエロス」(産経新聞)
<普天間移設>候補地、政府内で徳之島が浮上(毎日新聞)
警察署職員へのパワハラ、都に165万支払い命令(読売新聞)
スポンサーサイト

ライフル弾は「実弾」=小沢幹事長事務所への送付-警視庁(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長の議員会館事務所に昨年12月、ライフルの弾とみられるものが送り付けられた事件で、鑑定の結果、弾は実弾だったことが22日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁麹町署は火薬類取締法違反容疑で調べている。
 捜査関係者によると、弾は直径約1センチ、長さ6~8センチで、鑑定の結果、ライフルに使われる実弾と判明。弾が入っていた封筒なども含め、指紋は検出されなかった。
 同署によると、弾は昨年12月25日に郵便物の整理をしていた秘書が発見。都内で投函(とうかん)されたとみられるが、差出人名はなかった。
 民主党本部とテレビ朝日にも今月、小沢幹事長を批判するなどの文書が送られ、実弾とみられるものが同封されていた。岡山県内の消印だったという。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

小沢氏、土地売買「秘書に報告をしろと言ってない」(産経新聞)
放送内容に介入しない=「関係者」発言で釈明-原口総務相(時事通信)
「無実」を聞いてもらいたい…菅家さん会見(読売新聞)
仏様を守れ!「清水の舞台」からも放水(読売新聞)
球場入場拒否は無効=「鳴り物応援」認めず-ドラゴンズ応援団一部勝訴・名古屋地裁(時事通信)

政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか (産経新聞)

 週末のひとときを都心の一流ホテルでくつろごうとされた方々は、さぞ迷惑だったろう。民主党の小沢一郎幹事長は、東京地検特捜部の任意聴取をホテルニューオータニの一室で受けた。

 小沢氏を警護するため数えきれぬ警察官がフロアやホテルの周辺を巡回し、何カ所もある出入り口には何百人もの記者やカメラマンが駆けつけた。関係者の一人として申し訳なく思うが、小沢氏がいつ、どこから出入りするか、検察側も小沢氏側も「リーク」してくれるわけではないので多数の報道陣が殺到したのだ。「検察のリークはけしからん」と騒いでいる大臣や議員のみなさんにはぜひとも視察していただきたかった。

 さて、予想通り小沢氏は、疑惑を全面的に否認した。黙秘権を行使しなかったのは立派だが、疑惑が晴れたわけではない。数ある疑惑のうち、象徴的な例を一つあげると、3年前の記者会見で、土地購入の原資を「政治献金」と説明していたことだ。検察に説明したように、なぜ当時、記者会見で「自分の資産を貸し付けた」と言えなかったのか。メディアにはウソをついても、検察には本当のことを話すのだろうか。政治資金に関して透明性を信条としていた小沢氏が結果として虚言をろうしたのは事実である。

 記者会見で「職責を果たしていきたい」と幹事長続投を明言したのも彼の論理からいえば、当然である。「潔白」である以上、責任をとる必要はないからだ。第一、秘書が3人(元秘書を含む)逮捕され、本人が事情聴取された程度で、「道義的責任をとって」辞任するのは小沢氏らしくない。

 問題は、民主党である。小沢氏は続投を宣言し、ボールは党に投げられた。

 疑惑を全面的に否定し、続投を表明した小沢氏の言い分を了とし、一丸となって彼を支えて通常国会を乗り切り、参院選に突入するのか。あるいは、疑惑が晴らされていないことを理由に幹事長を辞めてもらうのか。いずれの道をとるのも民主党の自由である。

 しかし、なぜか大多数の民主党議員は、この問題について口をつぐんだままである。

 民主党大会が開かれた翌日付で、私は「民主党議員は腰抜けか」と失礼な記事を書いた。党の一大事に小沢批判派も擁護派も口を閉ざしていたからだ。

 あれから1週間たっても事情はあまり変わっていない。輿石東(こしいし・あずま)幹事長職務代行ら執行部が、小沢氏を支え、戦う姿勢を明確にしたことから、検察やメディアを批判する大臣や議員は増えてはいる。

 中井洽(ひろし)国家公安委員長は「捜査当局から一方的にリークされる記事しか書かないマスコミ。そういう中では、冤罪(えんざい)被害はこれからも出る」と語った。全国の警察を管理する国家公安委員会のトップが、「捜査当局」にリークの疑いをかけているとは仰天である。しかも鳩山内閣は、昨年末に「捜査情報を外部に漏らすことはない」とする政府答弁書を閣議決定している。決定に異議があるのなら、大臣をお辞めになった方がいい。

 「私は腰抜けではない」と小紙に談話を寄せてくれた山本剛正氏らごく少数の批判派も声をあげだしたが、大多数の中堅・若手議員は、だんまりを続けている。

 ご存じの通り、首相の発言もあっちへ行ったり、こっちへ来たり。菅直人副総理は、首相の言葉の軽さを「宇宙人と称される総理だから、同じ言葉でも我々、地球人とニュアンスが違う」とかばったが、とても笑えない。

 物言わぬ大多数の議員と、軽すぎる発言を繰り返す首相。これでは、「政治とカネ」に翻弄(ほんろう)され続けてきた自民党政権時代より状況は悪い。この閉塞(へいそく)状況を打ち破る平成の龍馬はいないのか。(政治部長・乾正人)

【関連記事】
民主党議員は腰抜けか 小沢氏「続投宣言」に無言
権力もカネも失ったからこそ 自民、しがらみ脱却を
それでも「小鳩関係」が心配だ
あえて言う「消えるな!自民」
「嫌悪」と「危うさ」の狭間で

再診料引き下げ阻止などを小沢幹事長に提言―民主議連(医療介護CBニュース)
JR武蔵野線新駅の名称、「吉川美南」に決定(産経新聞)
<臓器移植>新規登録者の約4分の1 親族優先提供を希望(毎日新聞)
JR遮断棒折れ3.2万人影響(産経新聞)
司馬遼太郎さんが愛した森再現、一般開放へ(読売新聞)

裁判員の辞退希望21%、70歳以上・学生…(読売新聞)

 最高裁は25日、今年の裁判員候補者が辞退の希望などを記入した調査票の回答結果を発表した。

 候補者約34万4900人のうち、21%の7万3931人が、辞退が認められる「70歳以上」や「学生」などとして、辞退を希望すると回答した。事実が確認されれば、今後の手続きから除外される。昨年は、この段階での辞退希望者の比率は24%で、今年はやや下がった。

 最高裁によると、調査票を返送してきたのは全体の34%にあたる11万7268人。国会議員や司法関係者など裁判員になれない職業の人も2164人いた。

 一方、仕事の都合などで特定の月の免除を希望した人は5万1693人。最も多かったのが3月で17%(8861人)を占め、2月の7076人、4月の6770人と続いた。5月21日に制度が始まった昨年は、12月と8月の割合が高かった。

衆院代表質問 首相らの疑惑、論戦スタート(毎日新聞)
<小沢幹事長>地検が事情聴取開始 土地購入原資など説明か(毎日新聞)
女性が自宅で血を流し死亡、次男が発見(読売新聞)
民主 可視化法案、今国会提出を検討 (産経新聞)
小沢幹事長、民主党代議士会と一回目の衆院本会議に欠席(産経新聞)

不正請求でグループホームの指定取り消し―三重県松阪市(医療介護CBニュース)

 三重県松阪市はこのほど、指定管理者として市の認知症グループホーム施設「グループホームいいたか」を運営する「社会福祉法人いいたか」が、介護報酬を不正に受給していたとして、7月1日付で指定を取り消すと発表した。

 市によれば、同法人はグループホームに介護支援専門員を配置していると偽り、実際は資格を持たない介護計画の作成担当者が2ユニット、18人分の利用者の介護計画をすべて作成していた。さらに、計画作成担当者が不在の期間もあったという。
 グループホームの運営基準では、ユニットごとに計画作成担当者を置く必要がある。また、2ユニットの場合はそのうち1人は介護支援専門員を充てなければならない。

 市は同法人に対し、社会福祉法人となった2008年1月から09年7月までの不正受給分と課徴金合わせて約8043万円の返還を求める。また、今年7月1日付で同施設のグループホーム指定と同法人の指定管理者指定を取り消すまでに、新たな指定管理者を選定する方針だ。


【関連記事】
介護給付費不正請求で指定取り消し―奈良
不正請求で通所介護事業所指定取り消しへ―東京
介護報酬の不正請求で指定取り消し-静岡の2法人
鳥取の社会福祉法人で10億円の資金流出
虚偽の指定申請などで介護事業所の指定取り消し―東京都

「逃げないと思う」首相、小沢氏に説明責任促す(読売新聞)
石川議員逮捕「代表として遺憾」…党大会で首相(読売新聞)
17歳里見先勝!三間飛車研究が実った…女流名人位戦第1局(スポーツ報知)
全精社協事件初公判 会長ら補助金流用認める「厚労省も了解」(産経新聞)
産業ガス団体を公取委立ち入り カルテル疑い(産経新聞)

首相にふさわしい人に菅氏急浮上 産経・FNN世論調査(産経新聞)

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、次期首相にふさわしい政治家を聞いたところ、菅直人副総理・財務相が、前回調査(昨年12月19、20両日)より6・3ポイント増の13・8%と、昨年9月の鳩山内閣発足以降初めてトップに立った。

 鳩山由紀夫首相は前回比6・1ポイント減の12・1%と「トップの座」を明け渡し、3位だった。前回2位だった小沢一郎民主党幹事長も6・2ポイント減の2・9%で8位へ転落した。首相、小沢氏ともに自身の政治資金問題によるイメージダウンは免れなかったようだ。

 菅氏は民主党支持層の中で最も多い22・5%から支持を集め、次期首相への期待が高まっている。これについて、菅氏は18日の記者会見で、「現在の鳩山内閣が最もふさわしいし、効果的に取り組める態勢だ」と謙遜(けんそん)してみせた。

 2位は自民党の舛添要一前厚生労働相の13・2%。野党で2ケタを超えたのは舛添氏だけで、自民党総裁である谷垣禎一氏の2%を大幅に上回った。

 3位は7・5%で岡田克也外相、4位は前原誠司国土交通相で7・4%だった。

【関連記事】
主な質問と回答 産経・FNN合同世論調査
小沢幹事長、2回目の衆院本会議には出席
デフレ克服へ、2次補正の早期成立求める 菅財務相が財政演説
菅副総理、支持率低下に「残念だが跳ね返せる」
「幹事長辞任を」70.7% 内閣支持率急落44.3%

<雅子さま>「1・17」震災追悼式典に出席へ(毎日新聞)
<センター試験>東海3県は5万人64会場で(毎日新聞)
菅家さん否認「虚偽と思った」=元検事、謝罪はせず-足利事件再審公判・宇都宮地裁(時事通信)
首相、党大会で「幹事長は全力で職務遂行を」(産経新聞)
小沢幹事長、首相公邸に入る 進退問題を協議か(産経新聞)

小沢氏聴取、できるだけ早くと首相(読売新聞)

 鳩山首相は20日朝、民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、小沢氏側が東京地検特捜部の参考人聴取に応じる意向を伝えたことに関し、「身の潔白を自身でいかに説明するかが求められているのだから、できるだけ早く身の潔白を説明する機会を得られるのが望ましい」と述べた。

 首相公邸前で記者団の質問に答えた。

神社撤去…信教の自由脅かす 最高裁、バランス判断 差し戻しは“配慮”(産経新聞)
<掘り出しニュース>県庁トイレに広告いかが? 栃木県が苦肉の策(毎日新聞)
産業ガスで価格カルテルか=大陽日酸など十数社立ち入り-公取委(時事通信)
JR脱線事故 遺族ら検審へ意見書提出決定(産経新聞)
交差点に重傷女性、トラックで何度もひく?(読売新聞)

<大雪>夜行列車12本運休 JR東日本(毎日新聞)

 JR東日本は15日、日本海側の大雪のため、同日と16日の夜行列車計12本を運休すると発表した。運休する列車は以下の通り。

 15日下り列車=特急トワイライトエクスプレス(大阪駅午後0時3分発)▽特急あけぼの(上野駅午後9時15分発)▽特急日本海(大阪駅午後5時47分発)▽特急北陸(上野駅午後11時3分発)▽急行能登(上野駅午後11時33分発)▽急行きたぐに(大阪駅午後11時27分発)

 15日上り列車=特急あけぼの(青森駅午後6時8分発)▽特急日本海(青森駅午後7時33分発)▽特急北陸(金沢駅午後10時18分発)▽急行能登(金沢駅午後10時15分発)▽急行きたぐに(新潟駅午後10時55分発)

 16日上り列車=特急トワイライトエクスプレス(札幌駅午後2時5分発)

【関連ニュース】
JR東:新幹線が停電で大幅遅れ…東京駅に車両ホテル
踏切事故:特急が軽乗用車と衝突 男性1人死亡 青森
鉄道事故:特急と軽自動車が衝突し1人死亡 JR奥羽線
JR山手線:西日暮里駅で人身事故…45本に遅れ
山形・東北新幹線:一部運休、つばさ号の電気機器故障で

橋下知事“大阪統一グループ”公募へ(スポーツ報知)
鳩山首相、小沢氏は「二度と出てこないような政治家」(産経新聞)
<岡田外相>イラン追加制裁同調へ 米仏を中心に論議強まる(毎日新聞)
「カルガモ走法」でETCすり抜け=計460回か、運送業者逮捕-兵庫県警(時事通信)
息子名義の口座に現金入金=滋賀県幹部の収賄事件-県警(時事通信)
プロフィール

Author:とりうみしのぶ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。