スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<菅内閣発足>野党、警戒感強める…世論の支持高く(毎日新聞)

 野党は菅内閣の発足で夏の参院選の流れが民主党に一気に傾くことを警戒している。各種世論調査で菅直人首相への支持は軒並み高く、「菅氏くみしやすし」(自民党幹部)という当初の楽観論は吹き飛んだ。終盤国会で小沢一郎前幹事長の「政治とカネ」の問題を引き続き追及する構えだが、「小沢隠し」批判に頼る姿勢には、新内閣への攻め手を欠く苦悩が透ける。

 自民党の麻生太郎元首相は8日、東京都内で行われた同党参院選候補者の応援演説で「『あなたは静かにしてちゃいかん。堂々と説明すべきだ』と言ってはじめて、『小沢を抑えた』と言えるのではないか」と菅氏の「脱小沢」路線を批判。「本格的左翼政権が今日スタートする」とあおった。

 谷垣禎一総裁も7日、出張先の高松市で「左翼的な色彩の政権」と懸念を表明したが、8日の記者会見で「何が左翼的なのか」と問われ「漠然たる印象だ」と釈明。逆に「ためにする批判」という印象を強めてしまった。谷川秀善参院幹事長は会見で「上手に内閣を交代した。参院選を前に真剣に受け止めないと、えらいことになる」と述べ、焦りをにじませた。

 公明党の山口那津男代表は、菅内閣が鳩山内閣の閣僚の大半を引き継いだことを挙げ、「『ミニ鳩山内閣』と言わざるを得ない。脱小沢色を演出して表面を飾ったに過ぎない」と指摘。社民党の福島瑞穂党首も「事業仕分けで活躍した人たちが出てきた『事業仕分け内閣』だ。国民の生活を切らないようにきらりと目を光らせる」と陣容を批判した。みんなの党の渡辺喜美代表は「中身はまったく変わっていない。バラマキ路線は今後も継続する」と述べた。

 国会会期中に予算委員会が開催されるかどうかは野党の死活問題になっている。共産党の市田忠義書記局長は「幹事長や首相を辞めた人であっても、国会で真相を解明しないとクリーンとは言えない」と強調。たちあがれ日本の園田博之幹事長は「予算委員会を開かないまま選挙に突入させてしまったら、野党がだらしないことになる。結束して会期延長させる」と語った。【中田卓二、岡崎大輔】

【関連ニュース】
菅首相:秘書官は6人体制
菅首相:副大臣4人内定 17ポストは再任
菅首相:補佐官に寺田氏ら2人 4人体制に
菅首相:官房機密費 使途公開検討も
菅首相:「財政再建に全力」記者会見で表明

季節知る遺伝子の働き解明=ハクサンハタザオで―京都大など(時事通信)
スカート盗撮行為、大阪市職員を逮捕(産経新聞)
小林千代美議員が辞職表明 「政治とカネ、政治不信招いた」(産経新聞)
<痴漢>空自入間基地の曹長を逮捕 埼玉県警(毎日新聞)
南アW杯 いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)
スポンサーサイト

鳩山首相 党内から早期退陣論 小沢氏と進退協議へ(毎日新聞)

 民主党内で31日、米軍普天間飛行場移設問題での迷走や社民党の連立離脱を踏まえ、鳩山由紀夫首相の早期退陣を求める声が強まった。民主党の小沢一郎幹事長と輿石東参院議員会長は同日夕、国会内で急きょ首相と会談し、事態打開に向け協議した。小沢氏は同日夜の正副幹事長会議で、「あらゆる状況が厳しい。社民党が離脱し、非常に厳しい状況だ」と明言し、首相にも「参院選情勢は厳しい」との認識を伝えた。小沢氏は一両日中に首相と進退を協議する意向だ。一方、首相は31日夜、記者団に続投への意欲を示しながらも、9月の民主党代表選への出馬について「そこまで考えている余裕はない」と語った。政府・民主党内で緊張感が高まっている。

 3者会談は約8分間にとどまった。首相は会談後、首相官邸で記者団に対し「厳しい局面だが、国家国民のために、3人で力を合わせて頑張ろうと打ち合わせた」と述べ、続投に重ねて意欲を表明した。記者団が「首相続投を確認したのか」と質問したのに対し、「当然であります」と答え、早期退陣を求める民主党内の動きにクギを刺した。

 首相は「私自身のことで迷惑をかけていることは理解しているが、国民のために働かせていただきたい。初心に戻る思いで頑張るしかない」と強調した。だが、党代表選への出馬は明言しなかった。

 退陣論の火消しを急ぐ首相に対し、民主党は31日の役員会で今後の対応を小沢、輿石両氏に一任することを申し合わせた。小沢氏は役員会で「首相から呼ばれて話し合おうということだったが、今日は時間がないので、一両日中にきちんとした話をする」と指摘。首相の認識と異なり、続投を容認したわけではないとの見方を示した。

 また、小沢氏に近い民主党の高嶋良充参院幹事長は31日、国会内で記者団に対し、「非常に深刻な事態に陥っている。事態打開を参院側から要請したい。どのような形で対応されるかは首相の決断にかかっている」と首相の自発的辞任を公然と求めた。

 一方、社民党は野党側が提出予定の内閣不信任決議案や首相問責決議案の対応について、改めて協議する。同党の又市征治副党首は31日夜、「民主党との選挙協力の前提は鳩山退陣しか道はない」と語った。さらに首相続投なら民主党は大敗するとの見通しを示したうえで、「小沢氏が何も策を打たないということはないだろう」と首相の早期辞任に期待感を示した。【坂口裕彦、念佛明奈】

【関連ニュース】
<どうなる鳩山政権>毎日世論調査:鳩山内閣支持20% 退陣すべきだ58%
<どうなる鳩山政権>鳩山首相:続投に意欲 「しっかりとした政治を取り戻す」
<どうなる鳩山政権>社民党:内閣不信任案、福島党首「反対はなかなか難しい」
<どうなる鳩山政権>社クローズアップ2010:内閣支持20% 民主「鳩山降ろし」噴出
<どうなる鳩山政権>社社民党:内閣不信任案、福島党首「反対はなかなか難しい」

<子供服訴訟>小室哲哉氏側に未払い金支払い命令(毎日新聞)
鳩山首相「沖縄県民を傷つけ心からおわび」 社民の連立離脱は必至 (産経新聞)
傘 子どもたちの「笑顔の花」70本 花博公園でイベント(毎日新聞)
鳩山首相「社民党に協力のお願い、これからも」(読売新聞)
九州の動物園が口蹄疫対策強化 消毒強化、「餌やり」「ふれあい」自粛(J-CASTニュース)

<普天間>辺野古移設 またアメとムチ、裏切りに沖縄怒り(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相が23日沖縄に伝えた米軍普天間飛行場移設の結論は、旧自公政権が5年前に米政府と合意した米軍再編中間報告と同じ、名護市辺野古だった。沖縄の同意を得ないまま、米政府との合意を優先させた「頭越し」の手法も同じ。「最低でも県外」。鳩山首相が口にした衆院選から9カ月。初めて県外移設に踏み込んだ首相にかすかな期待を残していた県民は、首相の裏切りに怒り震えた。一方、移設現行計画を条件付きで容認してきた辺野古では、振興策を巡る政府との協議に前向きな声も漏れた。【斎藤良太、徳野仁子】

 辺野古に住む当山佐代子さん(65)は、首相が北部12市町村の首長と懇談した会場周辺で開かれた抗議集会に駆けつけた。「辺野古に基地を持って来るという説明のためだったら、首相には本当に来てほしくなかった」と憤り「沖縄県民はこれまで優しすぎた。怒りの声を上げ、県民が手をつないで反対運動をやりぬくしかない」と力を込めた。

 名護市宮里の崎浜秀司さん(79)も抗議集会に。「自公政権ではアメとムチで抑えられ、移設の賛否を発言しなかった市民も多かった。それを変えたのは鳩山首相なのに、これまでと同じやり方を参考にしようとしている」。首相の「変心」を非難した。

 辺野古で移設反対の座り込みを続けるヘリ基地反対協の安次富(あしとみ)浩代表委員(63)は首相と各首長の懇談に「基地というムチを押しつけるので、今後、振興策というアメを持ち出そうとしているのだろう。自民党がやっていたことと何も変わらない。政治家として恥ずかしく、つける薬はない」と嘆いた。

 今年1月の市長選で移設反対の稲嶺進市長に敗れた島袋吉和前市長は「鳩山首相は努力もせずに思いつきで言っており、言葉があまりに軽い」と痛烈に批判。辺野古が移設先として浮上した96年以降の経緯に触れ「私たちは14年間、反発を受けながら地元を説得してきた。そういう苦労を今の政権は分かっていない。前政権が作った案に戻るにしても、根回しもなしにいきなり理解を求めるのは無理がある」と突き放した。

 一方、辺野古区行政委員の古波蔵(こはぐら)広さんは「普天間を受け入れるところはなく、最後は辺野古になると思っていた。驚きはない」と移設の“辺野古回帰”を冷静に受け止めた。

 鳩山政権の迷走ぶりには「鳩山首相自身の責任ではなく、周りの人々が必要な情報や事実を首相に正確に伝えていなかったことが原因ではないか。首相には同情するし、お疲れ様と言いたい」とかばう余裕さえみせた。

 今後について「まだ政府が正式決定したわけではない。政府が正式にこちらへお願いに来られるならば、地域振興策など地元としての条件を提示したい」と話した。

【関連ニュース】
普天間移設:首相「辺野古」表明 知事「厳しい」
普天間問題:首相、辺野古移設を初表明 知事「厳しい」
普天間移設:シュワブ沿岸、日米合意 工法は9月に先送り
普天間移設:米要求に大幅譲歩 現行案と大差なく
日米外相会談:「北朝鮮に圧力」連携 普天間決着へ協力

ピカソなど5点 110億円分盗難 パリ市立近代美術館(産経新聞)
口蹄疫 普天間に次ぐ「失政」に自民、攻勢へ(産経新聞)
雑記帳 伊達政宗から18代目の当主 新茶初摘みに挑戦(毎日新聞)
<明石殺人>大学1年の三男を指名手配(毎日新聞)
<貨物船>宮崎県日向市の沖合で座礁 3人死亡1人不明(毎日新聞)

“幽霊ホテル”やっと姿消す…19年野ざらし(読売新聞)

 閉鎖して19年間野ざらしになっていた宮崎市青島の旧「橘ホテル」がほぼ取り壊された。“幽霊ホテル”と呼ばれ、地元住民らを悩ませてきた廃虚は姿を消し、景観も一変している。

 地上7階、地下1階の旧ホテルは延べ床面積約4万平方メートル。解体は昨年12月17日に始まり、地上部分が4月末に終了した。現在は地下の解体や埋め戻しなどを行っており、工事は5月末にほぼ終わる。

 跡地には、佐賀県の温泉旅館「和多屋別荘」の関連会社「ブルーアイランドリゾート」がコテージ風の宿泊施設を建設する予定で、来年春の開業を目指す。

 土産物店「矢野土産品店」を営む矢野成昭さん(54)はある日、屋上から外を見たら旧ホテルがなくなり、海が見えるようになり、驚いたという。「新しくコテージができることで、少しでも集客につながってくれれば」と話している。

警官を車で引きずり逃走 殺人未遂などで捜査 警視庁(産経新聞)
民法規定を認識せず受理=元妻の娘との婚姻届―兵庫・明石市(時事通信)
徳之島町議に官房長官「米軍5百人受け入れを」(読売新聞)
「携帯代の支払い苦しかった」 知人少女に売春させた女逮捕(産経新聞)
取調室禁煙 消えゆく「1本吸うか」…15都道府県警実施(毎日新聞)

偽造クーポン使用、無職男を逮捕=大阪市互助会支給、9万枚流通-府警(時事通信)

 大阪市職員互助会が支給したクーポン券の偽造券約30枚を使用したとして、大阪府警捜査2課などは10日、偽造有価証券行使と詐欺容疑で、同市天王寺区上本町、韓国籍で無職玄宗明容疑者(49)を逮捕した。同課によると、「偽物とは知らなかった」と容疑を否認しているという。
 偽造クーポン券は約9万枚見つかっており、同課などが関連を調べている。
 逮捕容疑では、玄容疑者は2009年1月上旬、同市天王寺区のレンタカー店で、偽造クーポン券約30枚を使用した疑い。 

大阪・枚方市職員を万引容疑で逮捕 約2万6千円相当(産経新聞)
徳之島案「徹底して反対」=首相発言に反発-伊仙町長(時事通信)
<陸山会事件>石川議員「形式犯」主張 毎日新聞単独取材に(毎日新聞)
辺野古修正案、自民も検討を=石破氏(時事通信)
14歳少女の心移植成功=渡米の寺町沙也さん(時事通信)
プロフィール

とりうみしのぶ

Author:とりうみしのぶ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。